官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

最低札は38・3億円で清水建設/花園ラグビー場整備工事/東大阪市

2016.11.24

大阪府東大阪市は24日、「東大阪市花園ラグビー場整備工事」の制限付き一般競争入札を開札した。2社が応札し、結果は調査・保留となっている。最低札は38億3200万円(税別)で清水建設。40億3300万円(同)の大林組は予定価格を超えたため、失格となっている。予定価格は38億3290万円(税別)、最低制限価格は34億0748万7000円(税別)。

【ラグビーワールドカップなど大規模大会の開催を目指す】

花園ラグビー場整備基本構想

工事は増築工事、改修工事、スタンド観覧席改修工事、外構工事、撤去工事の各一式。ラグビー専用グランド「東大阪市花園ラグビー場」は、ラグビーワールドカップなど大規模大会が開けるように大型映像装置や照明の設置などに取り組むとともに、ラグビーの西の一大拠点となる日本屈指の施設を目指す。防災拠点としての機能も確保する。

設計は、梓設計が担当した。建設地は東大阪市松原南1-40-1ほか。工期は2018年9月19日まで。

同日に開札した「東大阪市花園ラグビー場整備電気設備工事」は16億5779万円(税別)で北陸電気工事、「東大阪市花園ラグビー場整備機械設備工事」は、8億0047万5000円(同)で新菱・共進JVがいずれもくじ引きで、落札候補者となっている。結果はともに審査中。電気設備工事は、予定価格は18億4990万円(税別)、最低制限価格は16億5779万円(税別)。機械設備工事は、予定価格は8億9613万円(税別)、最低制限価格は8億0047万5000円(税別)。

現在の花園ラグビー場はRC一部S造5階建て延べ2万8444平方㍍。所在地は東大阪市松原南1-116-4の敷地7万0546平方㍍。

2016.11.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む