経営Management

経営

商業・ホテル開発を核事業に育て総合デベめざす/分譲マンションは年500-600戸を安定供給/日本エスコン

2016.11.29

日本エスコン(東京都千代田区)は、2019年12月期までの3年間を対象とした中期経営計画を策定した。主力のマンション分譲事業は年間500-600戸を安定的に供給するとともに、最終年度までに自社販体制を確立する。商業開発事業とホテル開発事業を新たなコア事業に育て、コア事業を複数化し、総合デベロッパーを目指す。

不動産賃貸事業は、一般管理費を賃貸収入で完全にカバーできる賃貸資産を保有または開発着手する。売上高は、19年12月期に600-620億円、営業利益が82-95億円を目標に掲げた。

2016.11.29

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む