不動産Real Estate

不動産物流・工場 / 大阪

BTS型物流施設3施設を225億円で売却/想定NOI利回りは4・3%/ラサール不動産投資顧問

2016.12.12

ラサール不動産投資顧問(東京都千代田区)は、「AZ-COM MK OSAKA」(堺市堺区)などBTS型物流施設3施設を225億円で売却した。想定NOI利回りは約4・3%。

【AZ-COM MK OSAKA】

%ef%bd%81%ef%bd%9a%ef%bc%8d%ef%bd%83%ef%bd%8f%ef%bd%8d%e3%80%80%ef%bd%8d%ef%bd%8b%e3%80%80%ef%bd%8f%ef%bd%93%ef%bd%81%ef%bd%8b%ef%bd%81

売却したのは、狭山日高フルフィルメントセンター(埼玉県日高市)、ロジポート平塚新町(神奈川県平塚市)、AZ-COM MK OSAKA。

AZ-COM MK OSAKAの規模は、S・RC造4階建て延べ3万0825平方㍍。設計は日立建設設計、施工は奥村組が担当した。所在地は、堺市堺区南島町5-162の敷地1万5372平方㍍。2016年10月1日に竣工した。

2016.12.12

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む