民間Private

民間研究所 / 京都

生産技術研究所の1期建設工事に着手/投資予額は300億円に増額/日本電産

2016.12.20

日本電産(京都市南区)は、けいはんな学研都市(京都府精華町)に計画していた生産技術研究所の1期建設工事に着手した。施工は三井住友建設が担当する。1期の完成は2018年1月の竣工を目指している。同社は1月に計画を発表したが、その後計画を見直し、投資予額も約200億円から約300億円に引き上げている。

【完成予想図(左の棟が1期、右の棟が2期)】

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%9b%bb%e7%94%a3%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%8a%80%e8%a1%93%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80

建物はS造6階建てで、1期が延べ約2万3500平方㍍、2期が延べ1万3500平方㍍。世界一のモーター総合研究所を目指して創設した「中央モーター基礎技術研究所」(川崎市)とともに、日本電産グループの製品に対して、ものづくりの基礎研究から応用研究まで一貫して取り組む。

建物設計は、東京大学生産技術研究所の今井研究室に設計監修を委託している。建設地は精華町3-9-1の敷地約2万7000平方㍍。2期建設工事は20年から25年ごろを計画している。投資予定額は土地・建物、設備などを含めて約300億円を見込む。

2016.12.20

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む