経営Management

経営宿泊 /

キャビンスタイルの簡易宿所を共同で展開/合弁会社を17年1月に設立/JR西日本とファーストキャビン

2016.12.21

西日本旅客鉄道(JR西日本)とファーストキャビンは、キャビンスタイルの簡易宿所を展開する合弁会社「JR西日本ファーストキャビン」を2017年1月に設立する。17年の第1号店の開業を目指している。

【キャビンスタイルの簡易宿所を展開する】

%ef%bd%8a%ef%bd%92%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%93%e3%83%b3

JR西日本グループの広範なネットワークや多様なリソースと、ファーストキャビンのこれまでのコンパクトホテルのノウハウを活かして、西日本エリアを中心に事業を展開する。合弁会社の資本金は9000万円で、出資比率はJR西日本が51%、ファーストキャビンが49%。

従来のファーストキャビンの良さを活かしながら、鉄道のテイストも取り入れた新ブランドの展開を検討している。JR西日本グループが直営で展開するホテルは、シティホテル「グランヴィア」、宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」、ハイクラス宿泊特化型ホテルに加えて、今回のコンパクトホテルで4ブランド体制となる。

2016.12.21

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む