官庁Authorities

官庁共同住宅 / 大阪

三菱地所レジGを選定/府営千里高野台住宅PFI/大阪府

2013.12.24

大阪府は24日、府営千里高野台住宅(大阪府吹田市)を対象とした民活プロジェクト(PFI)の落札者に、三菱地所レジデンスグループを選んだ。グループは三菱地所レジデンス、近鉄不動産神鋼不動産長谷工コーポレーション野村建設工業カノンアソシエイツの6社で構成する。建て替え住宅として3棟330戸、民間施設として2棟330戸を建設する。2014年1月中旬に仮契約し、3月下旬の府議会の議決を経て正式な事業契約を結ぶ。

建て替え住宅はRC造10、13、14階建ての3棟で、延床面積は2万2107平方㍍。敷地面積は1万6528平方㍍で、このうち3658平方㍍を建築面積に当てる。一方の民間施設はRC造地下1階地上9階建て延べ2万9515平方㍍。敷地面積は1万6001平方㍍で、建築面積は4229平方㍍。建設地は吹田市高野台1の敷地面積約3万2500平方㍍。RC造4、5階建ての既存の計13棟(283戸)を建て替える。

設計は長谷工コーポレーション、建設は長谷工コーポレーションと野村建設工業、工事監理はカノンアソシエイツ、入居者移転支援は長谷工コーポレーション、用地活用企業は三菱地所レジデンス、近鉄不動産、神鋼不動産が務める。府営住宅整備の対価は43億5608万円、活用用地の対価は46億1000万円。府営住宅整備の対価の内訳は、設計工事監理費が1億5553万円、施設整備費が41億2646万円、入居者移転支援費が7408万円。

16年度に第1工区府営住宅の供用開始と第1工区への本移転、第2工区既存住宅の解体・撤去、民活事業者への活用用地の譲渡を実施、18年度に第2工区府営住宅の供用開始と第2工区への本移転を計画している。

入札には東レ建設、NIPPO、三菱地所レジデンスの3グループが参加した。公認会計士奥谷公認会計士事務所の奥谷尚吾氏、阪大大学院工学研究科地球総合工学専攻の松原茂樹助教、奈良女子大生活環境学部住環境学科の室﨑千重講師の3人が委員を務める「大阪府営住宅民活プロジェクト総合評価審査会」が選定した。

【三菱地所レジグループの提案パース】

パース

2013.12.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む