官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

パシフィックコンサルタンツを特定/新庁舎整備基本計画策定支援の公募型プロポ/和泉市

2017.03.07

大阪府和泉市は、「和泉市新庁舎整備基本計画策定支援等業務」の公募型プロポーザルを実施し、パシフィックコンサルタンツを特定した。同者とHTAデザイン事務所の2者が提案していた。新庁舎の建設に向けて、現庁舎の現状や課題などを整理し、新庁舎に必要な機能などを踏まえた整備方針、整備計画など、今後の新庁舎整備に必要な事項を整理した「和泉市新庁舎整備基本計画」を策定する。提案限度額は2300万円(税込み)。

【現庁舎(1号館)】

和泉市新庁舎整備基本計画策定支援等業務

業務は、基本計画策定支援、設計者選定での仕様書の作成支援、地質調査、打ち合わせと議事録の作成などを担当する。履行期間は2018年1月31日まで。

「和泉市新庁舎整備基本方針(案)」によると、老朽化している1号館、八角棟、2号館、4号館、5号館は撤去する一方、3号館とコミュニティセンターは引き続き活用する方向で検討する。新庁舎の建設中は、現市立病院を仮設庁舎として活用することを想定している。

庁舎延床面積は1万6000平方㍍とする。民間活用も視野に敷地内での余剰スペースの確保も検討する。駐車場は250台程度を確保する。

事業手法は、PFI方式など多様は手法の中から選ぶ。建設地は和泉市府中町2-7-5のコミュニティセンター敷地を含む敷地1万3650平方㍍。

17年度に基本計画を定め、17年度末から基本設計に入り、建築工事などは19年度末の着手を予定している。新庁舎は21年度中に完成させる。

2017.03.07

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む