官庁Authorities

官庁入札結果 / 兵庫

昭和設計を選定/文化会館整備基本計画策定の公募型プロポ/養父市

2017.03.31

兵庫県養父市は、「養父市文化会館(仮称)整備基本計画策定業務」の公募型プロポーザルを実施し、昭和設計神戸事務所を優先交渉者に特定した。次点交渉者は安井建築設計事務所。5者が提案していた。業務の予算額は600万円(税込み)。

【建設候補地】

%e9%a4%8a%e7%88%b6%e5%b8%82%e6%96%87%e5%8c%96%e4%bc%9a%e9%a4%a8%ef%bc%88%e4%bb%ae%e7%a7%b0%ef%bc%89%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%a7%8b%e6%83%b3%ef%bc%88%e6%a1%88%ef%bc%89

業務は、業務計画、他事例調査、施設の規模・機能の検討、施設整備計画の検討、整備手法・概算事業費などの検討などの一式。履行期間は8月31日まで。

「養父市文化会館(仮称)建設基本構想」によると、2017年度に建設基本計画を定め、18年度に基本・実施設計を進める。19、20両年度に建築し、21年度の開館を目指す。新築工事費は、八鹿文化会館が約23億円、八鹿公民館が約5億円の計約28億円を見込む。

1974年9月に竣工した八鹿文化会館と八鹿公民館は老朽化などが進んでいるため、新文化会館を建設する。施設はホール、会議室など諸室、図書館、公園スペースなどで構成する。ホールの座席数は600-800席とする。建設候補地はグンゼ八鹿工場跡地で、所在地は養父市八鹿町八鹿538-1ほかの敷地約3万平方㍍。

2017.03.31

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む