不動産Real Estate

不動産事務所 / 大阪

完成間近の湊町地区開発/残る更地は真澄寺が所有/リバー産業の大規模マンションは9月完成

2014.05.21

大阪市浪速区の湊町地区開発(約15㌶)が完成に近づいている。湊町リバープレイス(なんばハッチ)やOCATなどが集積し、地区中央の西側ではリバー産業が総戸数553戸の大規模マンションを建設中だ。更地で残っているのは、OCATビルの東側中央の敷地3000平方㍍超で、現在は真澄寺(東京都立川市柴崎町1-2-13)が所有している。

【残るまとまった敷地は真澄寺が所有している】

湊町地区開発

リバー産業の「なんばセントラルプラザ リバーガーデン」は9月に完成する予定で、工事は終盤に入っている。1996年3月にOCATビルが完成して以来、これまでに商業施設やホテル、オフィスビル、マンションなどが建設され、地区内を埋めている。

まとまった更地として残っているのは、大阪市浪速区湊町1-5-33(地番)の敷地3306平方㍍。近鉄不動産が所有していたが、2002年11月に1-5-22の敷地を南北に分筆し、1-5-22には39階建ての超高層マンション「ローレルタワー難波」を建設した。1-5-33の敷地はその後、07年4月にメディア不動産開発(東京都千代田区麹町2-2-4)を経て真澄寺が取得している。

2014.05.21

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む