官庁Authorities

官庁入札結果 / 兵庫

洲本総合庁舎は松田平田設計、尼崎東警察署はアール・アイ・エー、県立大学姫路工学キャンパス新本館は昭和設計/いずれも15年度から着工/兵庫県

2014.05.22

兵庫県県土整備部は2015年度に着工する大型公共建築3件を指名競争入札し、洲本総合庁舎の基本・実施設計を8898万円で松田平田設計、尼崎東警察署の実施設計を5650万円でアール・アイ・エー、県立大学姫路工学キャンパス新本館の基本・実施設計を4090万円で昭和設計にそれぞれ決めた。3施設とも建物が老朽化しているため、現地または移転改築する計画で、14年度中に設計を終える。

洲本総合庁舎は現地で建て替える。新庁舎の規模はRC造5階建て延べ8930平方㍍。合わせてS造2階建て延べ2400平方㍍の立体駐車場を整備する。県民局や土木事務所、農林水産振興事務所、保健所などが入る。建設地は洲本市塩屋2-4-5。

尼崎東警察署はJR尼崎駅北側にある積水化学工業の工場跡地(敷地約5000平方㍍)に移転する。規模は本庁舎がRC造5階建て延べ4798平方㍍、待機宿舎がRC造2階建て延べ680平方㍍、別棟がRC造6階建て延べ1536平方㍍。15年度に工事を発注し、17年3月に供用を始める。建設地は尼崎市長洲本通1。

県立大学姫路工学キャンパスでは老朽化と狭隘化が進んでいる10施設を解体し、順次建て替える。最初に建設する新本館の規模はRC造4階建て延べ5572平方㍍。設備棟や渡り廊下なども設ける。建設地は姫路市書写2167の姫路工学キャンパス内。現在の緑地と駐車場用地を使う。15年度の着工を予定している。

新本館に続き、教育研究棟(新1号館、新2号館、新4号館)、専門棟(新3号館)、新学生サークル会館を建設する計画で、総延床面積は3万5000平方㍍を見込む。新本館以外の施設の整備事業時期は、新1号館が15年度から17年度、新学生サークル会館が17、18両年度、新2号館が18年度から20年度、新3号館が21年度から23年度、新4号館が21、22両年度で計画している。

2014.05.22

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む