官庁Authorities

官庁入札結果 / 京都

大垣書店を優先交渉権者に特定/堀川アート&クラフトセンター(仮称)整備運営事業の公募型プロポ/京都府

2017.04.11

京都府は、「堀川アート&クラフトセンター(仮称)整備運営事業」の公募型プロポーザルを実施し、京都を中心に書店を展開する大垣書店(京都市北区)を優先交渉権者に特定した。「事業目的や事業内容に対する理解が十分で、提案内容や地域への貢献などが具体的で実現性のある計画が提案されている」ことが評価された。大垣書店とアサヒコーポレーションの2者が参加していた。

【堀川団地各棟の状況】

堀川アート&クラフトセンター(仮称)整備運営事業

建築後60年以上が経つ堀川団地(京都市上京区)は、全6棟のうち、4棟は既存建物を改修するが、上長者町団地と椹木町団地は、既存建物を解体撤去し、新たな建物を整備する。今回は、6棟の中で、もっとも西陣に近い上長者町団地を対象に、西陣織をはじめとする伝統産業やクラフト、アートなどによる幅広い交流や産業振興の拠点としての機能を持つ堀川アート&クラフトセンター(仮称)を新築整備する。

事業者は、土地を保有する京都府住宅供給公社から用地を借り、事業者の負担で施設を建設、事業期間にわたって維持運営するとともに、アート&クラフト関連事業を企画運営する。事業期間は20年以上30年以下を想定している。

所在地は、京都市上京区京都市上区西堀川通長者町ル皀莢287の敷地713平方㍍。用途地域は商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が600%。

「西陣アート&クラフトセンター(仮称)整備運営計画作成業務」はUDS(東京都渋谷区)が担当した。

2017.04.11

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む