官庁Authorities

官庁病院 / 兵庫

延べ3・6万平方㍍のキセラ川西センターなどを整備/市立総合医療センター構想案を公表/川西市

2017.05.09

兵庫県川西市は、「(仮称)川西市立総合医療センター構想(案)」を公表した。400床の「キセラ川西センター」をキセラ川西の医療ゾーンに建設するほか、「北部急病センター」を別の敷地に整備する。2017年度から用地取得を進める。事業費は、キセラ川西センターが156億4000万円、北部急病センターが19億6000万円の計176億円を見込む。

キセラ川西センターは、26診療科、8専門センターを設ける。建物の規模は、RC造で駐車場部分を含め延べ約3万6000平方㍍。免振構造を採用する。建設地は、キセラ川西の医療ゾーンの敷地1万0534平方㍍。事業費は、建物が80億円、医療機器が40億円、用地取得が17億円、設計・監理などが7億4000万円。

一方の北部急病センターの規模はRC造平屋延べ約1000平方㍍。診療科目は、内科、整形外科、小児科の3科。建設地は、能勢電鉄山下駅前の民間所有地や、現市立川西病院の暫定利用が候補となっている。

2018年1月から5月に医療センター基本構想を策定、パブリックコメントを経て入札し、19年4月から12月に基本設計と実施設計を進める。19年度中に着工し、工期は18カ月を想定する。21年度第2四半期の開設を目指している。

2017.05.09

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む