官庁Authorities

官庁教育 / 大阪

PFI法に基づく特定事業に選定/末広パークビレッジ整備運営事業/泉佐野市

2017.05.23

大阪府泉佐野市は23日、「末広パークビレッジ整備運営事業」をPFI法に基づく特定事業に選定した。市が直接事業を実施する場合と比べて、事業期間中の市の財政負担額を約12%削減できると試算し、公共サービス水準の向上の可能性を認めた。末広公園の総合体育館や健康増進センター、グラウンド施設を改修するともに、体育館の南側に温浴施設を新たに整備する。

【事業用地の位置図】

末広パークビレッジ整備運営事業

募集公告を31日に公表する。参加表明書を7月10日から12日に、提案書を8月31日までに提出させ、9月下旬に優先交渉権者を公表する。

参加資格は、設計、工事監理、建設、維持管理運営の各企業で構成する。

対象施設は、泉佐野市立健康増進センター、泉佐野市民総合体育館、末広公園、温浴施設。事業者は、公園施設の整備改修、公園施設の維持管理運営の各業務を担当する。温浴施設は、物販機能のほか、臨時の宿泊需要への対応を考慮する。

12月に事業契約を結び、2018年4月から指定管理を始める。20年9月末までに温浴施設の供用を開始する。敷地の所在地は、泉佐野市新安松。事業期間は38年3月末まで。

泉佐野市民総合体育館の規模はRC造2階建て延べ6021平方㍍で、1981年5月に建築した。泉佐野市立健康増進センターの規模は、RC造4階建て延べ5945平方㍍で、97年7月に完成した。また、末広公園はグラウンド、駐車場、遊戯施設、コミュニティ広場、芝生広場などがあり、広さは8万8575平方㍍。

2017.05.23

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む