民間Private

民間物流・工場 / 大阪

設計施工は大林組/北摂に新データセンター/野村総合研究所

2014.07.07

野村総合研究所は大阪・北摂に新データセンター「ND3プロジェクト」を建設する。設計施工は大林組が担当する。建物は免震構造でデータセンター専用施設とし、延床面積は約1万5000平方㍍を想定している。設備は金融情報システムセンター(FISC)に準拠し、JDCC-FSティア4レベルに対応が可能としている。2016年夏の開業を予定している。

野村総合研究所とITホールディングスグループTIS(本社・東京都新宿区、桑野徹社長)は関西地区の新データセンターについて基本協定を4月に結んだ。関西地区でのデータセンター需要の拡大に対応し、新たに共同でデータセンターを運営する。新データセンターは野村総合研究所が取得済みの北摂地域の用地に建設する。

2014.07.07

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む