民間Private

民間店舗 / 兵庫

関西学院大学の入居が決定/ロースクールなどが19年4月に移転/阪急電鉄が整備中の商業・サービス施設ビル

2017.06.14

阪急電鉄(大阪市北区)は、阪急・西宮北口駅前に建設中で、2018年秋に開業する商業・サービス施設ビル「(仮称)西宮北口阪急ビル」に、関西学院大学が入居すると公表した。関西学院大学は19年4月に新キャンパスを開設、ロースクール(司法研究科)などが移転する。西宮北口駅にふさわしい施設として、教育系を中心としたテナントの誘致を進めていた。

【建設中の(仮称)西宮北口阪急ビル】

(仮称)西宮北口阪急ビル

関西学院大学は、7-10階の3202平方㍍を賃借する。ビルの規模は、S・RC造地下1階地上10階建て延べ1万1600平方㍍。地下1階は機械室で、地上1階から4階に飲食。物販や金融機関などの店舗が入る。5階から10階がサービス施設となる。

設計は松田平田設計、建築工事の施工は奥村組が担当している。建設地は、兵庫県西宮市高松町537ほかの敷地2965平方㍍。西宮北口駅の今津行きホームの東側に建設している。

2017.06.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む