民間Private

民間メガソーラー / 大阪

関西最大級のメガソーラーが誕生/17日から全面運転/泉大津ソーラーパーク

2014.07.10

泉大津ソーラーパークが堺泉北港の泉大津フェニックス処分場内(大阪府泉大津市)に建設を進めていたメガソーラー発電所「ソフトバンク泉大津ソーラーパーク」が完成し、17日から全面運転を始める。出力規模は19・6㍋㍗で、関西最大級となる。総事業費は約66億円。17日に現地で完成式典を開く。

【完成したソフトバンク泉大津ソーラーパーク】

ソフトバンク泉大津ソーラーパーク

建設地は泉大津市夕凪町7-2の敷地25㌶。年間発電量は2068万㌔㍗時で、一般家庭約5700世帯分に相当する年間消費電力を発電する。事業期間は20年間。施設内には社会見学や環境学習の場として利用できる見学施設も整備した。

泉大津ソーラーパークはソフトバンクグループのSBエナジー三井物産京セラソーラーコーポレーションが共同で出資した特別目的会社。設計・調達・建設は京セラコミュニケーションシステムが担当した。

2014.07.10

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む