民間Private

民間共同住宅 / 大阪

朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地の超高層マンションは51階建て延べ10万平方㍍/18年5月に着工、22年6月の完成めざす/積水ハウスなど5社

2017.08.10

積水ハウス(大阪市北区)など5社が大阪・福島の朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地に建設する店舗付き超高層マンションの詳細が明らかになった。建物は51階建て延べ約10万平方㍍で、高さが178㍍。2018年5月中旬に着工し、22年6月下旬の完成を目指している。敷地約1㌶は16年12月に取得していた。

【51階建ての店舗付きマンションを建設する】

(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画

建築物名は、「(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画」で、積水ハウス、三菱地所レジデンス、東急不動産、東京建物、アサヒプロパティズの5者が建築主となる。設計施工は竹中工務店が担当する。

建物の規模は、RC一部S造地下1階地上51階建て塔屋2層延べ9万9990平方㍍。共同住宅と店舗で構成し、マンションは分譲タイプで900戸規模になるもようだ。51階建ての建物本体は、「ザ・シンフォニーホール」と道路を挟んで向き合う敷地南西側に整備し、北西部の低層建物と一体的につなぐ。なにわ筋に面した敷地の東側は多目的広場を設ける。

建設地は、大阪市北区大淀南2-2-1(地番)の敷地1万0337平方㍍。現地では、16年に「地下解体・敷地整備工事」を実施し、現状は工事を終えている。土地は、建築主の5社が竹中工務店から16年12月20日に取得した。持ち分比率は、積水ハウスが51%、三菱地所レジデンスが20%、東急不動産が15%、東京建物が10%、アサヒプロパティズが4%となっている。

積水ハウスは、道路を挟んだ南側の敷地でも、39階建てのマンション「グランドメゾン新梅田タワー」(297戸)を建設中だが、今回の敷地はその4倍近い規模となる。また、仮囲いで覆われている敷地のうち、なにわ筋沿いの南の敷地約3900平方㍍は、病院・診療所や福祉施設などを運営する社会福祉法人恩賜財団済生会(東京都港区)が保有している。

朝日放送は08年に移転した。敷地内には、北側に朝日放送社屋・大阪タワー、南側にホテルプラザが建っていた。敷地の北角に超高層マンション「ローレルタワーサンクタス梅田」(建築主は近鉄不動産・オリックス不動産)が建てられたが、残りの土地は一部を駐車場などとして使うほかは、閉鎖されていた。

2017.08.10

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む