官庁Authorities

官庁教育 / 和歌山

19年1月の着工めざす/県立医科大学薬学部/和歌山県

2017.08.31

和歌山県は、和歌山市立伏虎中学校跡地(和歌山市)などで2021年4月に開学を計画している「和歌山県立医科大学薬学部」の基本設計を終えた。市立伏虎中学校跡地には、11階建ての南棟と5階建ての北棟を建てる。これから実施設計に着手し、19年1月の着工を予定している。事業費は約177億円を見込む。

【市立伏虎中学校跡地に建設する施設の完成イメージ】

和歌山県立医科大学薬学部

薬学部は1学年100人で、収容定員が600人。教育施設と研究施設を置く市立伏虎中学校跡地には、地下1階11階建ての南棟と5階建ての北棟を建て、3-5階で両棟をつなぐ。延床面積は約2万6000平方㍍。建設地は、和歌山市9番丁と7番丁。

県立医科大学紀三井寺キャンパス(和歌山市紀三井寺)には、5階建て延べ約3000平方㍍の医薬看共同研究施設を整備する。両施設の設計は、東畑建築事務所・山口設計JVが担当している。

和歌山県立医科大学、和歌山県、和歌山市は、和歌山県立医科大学の薬学部設置に向けて、連携・協力することを目的に協定を31日に結ぶ。

2017.08.31

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む