民間Private

民間交通関係 / 兵庫

ターミナルビルを改修、商業エリアを大幅拡張/関西エアポート神戸を設立、神戸市と契約を締結/オリックスなどのコンソーシアム

2017.09.27

オリックス、仏ヴァンシ・エアポート社、関西エアポートの3社で構成するコンソーシアムは、関西エアポートの100%子会社として、神戸空港の運営にあたる「関西エアポート神戸」(神戸市中央区)を設立し、「神戸空港特定運営事業等公共施設等運営権実施契約」を神戸市と26日に結んだ。関西国際空港と大阪国際空港を合わせた3空港を一体的に運営する。事業開始は、2018年4月1日を予定している。

【2階搭乗待合室の改修イメージ】

神戸空港特定運営事業等公共施設等運営権実施契約

航空系事業では、機材大型化の働きかけや、ビジネス需要の喚起などを進める。非航空系事業では、ターミナルビル改修によって商業エリアを大幅に拡張するほか、神戸らしさや関西らしさを感じられる特色のある商品構成や店舗でのスピーディなサービスなどに努める。

2017.09.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む