官庁Authorities

官庁共同住宅 / 兵庫

実施方針を11月下旬ごろに公表/市営桜の宮住宅建替事業2期/神戸市

2017.10.31

神戸市は、「市営桜の宮住宅建替事業(2期)」の実施方針を11月下旬ごろに公表する。事業者は、市営住宅建替、入居者移転支援、余剰地活用の各業務を担い、事業期間は2018年末ごろの契約締結日から、25年12月ごろまでを予定している。

2期は、17-24、33-40号棟の計16棟の住民が19年度に仮移転して事業を進める。18年度に事業者を決め、19年度に仮移転と設計を実施、20年度から2年程度で設計と並行して解体工事と公共施設整備を行う。続いて3年程度で市営住宅を建設、24年度に本移転する。

2期事業では市営住宅を建設するほか、明石神戸宝塚線沿いの沿道利用ゾーンの整備、旧桜の宮幼稚園跡地周辺に桜の宮保育所・児童館の移転と、高齢者向け福祉施設の建設などを計画している。対象地は、神戸市北区甲栄台3丁目。民活アドバイザー業務は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが担当している。

2017.10.31

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む