官庁Authorities

官庁庁舎 / 京都

3階建て延べ5300平方㍍超を想定/新庁舎建設基本設計案を公表/宇治田原町

2017.11.15

京都府宇治田原町は15日、「新庁舎建設基本設計(案)」を公表した。新庁舎は保健センター・地域子育て支援センターも含めて3階建て延べ5357平方㍍で、公用車車庫・倉庫などを加えた総延べは6013平方㍍。防災機能を持つ都市公園と一体的に整備する。

【土地利用・配置イメージ図】

新庁舎建設基本設計(案)

1階には住民サービス窓口を集約し、保健センター・地域子育て支援センターを併設する。2階は庁議室・町長室、インフラ整備についての執務室・教育委員会などを配置する。3階は本会議場などにあてる。

基本・実施設計は、内藤建築事務所が担当している。建設地は、宇治田原町大字贄田小字伏谷の敷地約1万5120平方㍍。2017年度に基本・実施設計を行い、18年度から用地取得と建設工事に着手し、20年度の供用開始を目指している。

概算工事費はインフラ整備に関連する費用を除き19-20億円を見込む。「宇治田原町新庁舎建設基本構想」と「同基本計画」はニュージェックが担当した。

2017.11.15

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む