官庁Authorities

官庁入札公告 / 大阪

IR事業者の公募・選定に向けて始動/大阪IR事業化のアドバイザリー業務を公告/大阪府・市

2017.12.12

大阪府と大阪市は12日、「大阪IR(統合型リゾート)の事業化に関するアドバイザリー業務」の公募型プロポーザルを公告した。応募書類を2018年2月1日まで大阪府・大阪市IR推進局推進課調整グループで持参によって受け付ける。2月13日のプレゼンテーションを経て、2月下旬に契約を結ぶ。

【業務スケジュール】

大阪IR(統合型リゾート)の事業化に関するアドバイザリー業務

大阪・夢洲へのIR誘致を目指し、国の法令などの整備に合わせて、IR事業者の公募・選定に向けて必要な検討・手続きを進める。参加資格は、07年度以降にPFI法第5条に基づき実施方針が公表された事業のアドバイザリー業務、または同種・類似する業務に対して元請けとしての履行実績などを求める。委託上限額は3億7720万1000円(税込)。

業務は、事業化検討支援(前提条件・基本的事項の整理、大阪IRの事業環境・潜在市場規模の調査・分析、開発条件・事業実施条件の基礎検討など)、事業設計支援(開発条件・事業実施条件、応募条件・事業枠組、契約条件、公募プロセス・審査基準と事業性などの検討、府市財政への影響分析、市場調査など)、公募準備支援、公募手続支援、契約交渉などの支援。

契約期間は21年2月26日まで。17年度と18年度に事業化検討し、18、19年度に事業設計と公募準備、19年度と20年度に公募手続きと契約交渉などを行う。

2017.12.12

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む