官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

大林組Gの協力企業は日本設計/大阪第6地方合同庁舎整備等事業/近畿地方整備局

2017.12.18

近畿地方整備局は、PFI手法を導入する「大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業」の選定結果を公表した。落札した大林組グループは、代表企業が大林組大阪本店、構成員が東京ビジネスサービス、協力企業が日本設計関西支社となっている。入札価格は207億1374万8503円。大林組グループは得点が首位で、入札価格も最低札だった。

【大林組グループの提案イメージ】

大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業

入札には大林組グループ、清水建設グループ(代表企業=清水建設、構成員=東急コミュニティー、協力企業=東畑建築事務所、大和リース)、竹中工務店グループ(代表企業=竹中工務店、構成員=日本管財、協力企業=佐藤総合計画、三菱電機ライフサービス)、戸田建設グループ(代表企業=戸田建設大阪支店、構成員=ハリマビステム、戸田ビルパートナーズ、協力企業=大建設計大阪事務所、協栄ビル管理、中央フードサービス)の4者が参加した。

大阪第6地方合同庁舎(仮称)には、近畿管区警察局、近畿管区行政評価局、近畿公安調査局、近畿地方整備局、大阪航空局が入る。施設規模は、延べ最大約4万9251平方㍍。特定事業では、施設の整備、事業敷地内の既存建物の撤去、維持管理・運営を任せる。

建設地は、大阪市中央区大手前3丁目の敷地6453平方㍍。RC造5階建て延べ4535平方㍍の大阪府警察本部別館A棟、ガソリンスタンド、161台分の新別館駐車場などの跡地に建設する。事業期間は、2032年3月31日までの約14年間とする。

【敷地内には既存建物などが残っている】

大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業

2017.12.18

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む