不動産Real Estate

不動産官庁 / 大阪

咲洲コスモスクエア地区に世界最大級の大型蓄電池試験・評価施設/設計施工は鹿島/製品評価技術基盤機構

2014.07.24

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は咲洲コスモスクエア地区(大阪市住之江区)に世界最大級となる大型蓄電池の試験・評価施設を建設する。大型蓄電池の性能や安全性についてグローバルな試験・評価を行える施設を整備し、産業の国際競争力強化に貢献する。設計施工は鹿島が担当する。これから設計に着手し、2015年春の着工を目指している。土地代を含む総事業費は約133億円。

【施設の完成パース】

大型蓄電池試験・評価施設

施設は主試験室・副試験室がRC造平家、管理棟兼実験室棟がS造4階建て。建設地は大阪市住之江区南港北1-36-1ほかの敷地約2万6400平方㍍。土地は大阪市から取得した。契約金額は約29億7000万円。6月30日に契約を結んだ。

2014.07.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む