不動産Real Estate

不動産入札結果 / 大阪

71億円でアーク不動産が落札/現センター跡地7・4㌶の売却/国立循環器病研究センター

2018.01.24

国立循環器病研究センターは、大阪府吹田市の現センター跡地7・4㌶を売却する一般競争入札を実施し、計71億円(税込)でアーク不動産(大阪市中央区)に決めた。7社が応札した。11日に開札し、契約は19日に結んだ。北大阪健康医療都市(健都)への2019年7月の移転に向けて新センターを建設中で、移転に伴って現センターの敷地を既存の建物を含めて売却する。

【現在の国立循環器病研究センター】

国立循環器病研究センター

売却にあたって同センターは用途を指定しないが、第1種中高層住居専用地域であることを踏まえた開発を求めた。敷地は、藤白台跡地(6万5990平方㍍)と青山台跡地(7965平方㍍)に分かれているが、同時購入する。契約金額は藤白台跡地が55億5000万円(税込)、青山台跡地が15億5000万円(税込)。敷地は現状のまま引き渡し、建物の解体撤去は取得者が行う。

藤白台跡地の所在地は、吹田市藤白台5-125-23。敷地内にはSRC造地下1階地上10階建て延べ4万1290平方㍍の病院や、RC造地下1階地上4階建て延べ2488平方㍍の研究所などが建っている。青山台跡地の所在地は、吹田市青山台3-119-678。

「現有地(藤白台及び青山台地区)売却等の業務委託一式」は三井住友信託銀行(東京都千代田区)が担当している。

2018.01.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む