不動産Real Estate

不動産入札結果 / 大阪

22階建てホテルや600戸のマンションを提案/コスモスクエア地区の4・4㌶の複合一体開発はアーク不動産/大阪市

2018.01.26

大阪市と大阪港トランスポートシステムは、両者が所有するコスモスクエア地区(大阪市住之江区)の土地を複合一体開発する事業者を公募し、アーク不動産(大阪市中央区)を事業予定者に決めた。提案価格は71億8000万円。22階建てで600室のホテル・店舗ビルのほか、計600戸の分譲住宅2棟、店舗・スポーツ施設計8棟の合計11棟を整備する計画を提案した。

【アーク不動産が提案した完成予想図】

コスモスクエア地区

アーク不動産のみが応募していた。対象は、4区画の計4万4153平方㍍。土地の売買契約は3月上旬に結ぶ。

3画地に建設する分譲マンションは15階建てで、約300戸ずつ2期に分けて建設する。1期は2018年度に着工し、21年度の完成、2期は19年度に着工し、22年度の完成を目指している。物販や飲食が入る店舗3棟は2画地に整備し、規模は2階建て延べ約6600平方㍍。21年度に着工し、22年度に完成させる。1画地の飲食店舗やスポーツ施設の計5棟は、平屋延べ約2000平方㍍。23年度の着工、24年度の完成を予定している。22階建てのホテル・店舗棟1棟は4画地に建設、25年度に着工し、27年度に完成させる。

 

【売却対象地の位置図】

コスモスクエア地区

提案では、計画全体での住宅以外の機能の延床面積の合計が、すべての建築物の総延床面積の3割以上とし、業務、商業、文化、レクリエーション、居住機能などの機能を導入した計画を求めた。

対象の4区画は次のとおり(▽所在地=①面積②容積率③地権者)。用途地域はいずれも準工業地域。敷地はコスモスクエア駅前の南側の敷地。4区画の合計面積の半分である2万2076平方㍍未満まで1回限り土地の転売を認める。

▽大阪市住之江区南港北2-19-5ほか=①1万2073平方㍍②200%一部300%③大阪市。

▽大阪市住之江区南港北2-18-15ほか=①1万2443平方㍍②200%一部300%③大阪市。

▽大阪市住之江区南港北1-41-5ほか=①1万6205平方㍍②200%③大阪市。

▽大阪市住之江区南港北1-43-4ほか=①3431平方㍍②200%③大阪港トランスポートシステム。

開発プロジェクトの市場性の有無を確認する「咲洲コスモスクエア地区複合一体開発に関する事前確認」を17年4月から実施、複数の事業者から土地を取得して開発したいとの意向が示されたことを受けて公募に踏み切った。

2018.01.26

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む