民間Private

民間宿泊 / 大阪

大阪・堺筋本町でホテルとマンションを複合開発/東急ステイが大阪初進出/東急不動産

2018.02.27

東急不動産(東京都港区)と東急ステイ(東京都渋谷区)は、大阪・堺筋本町でビジネスホテルとマンションの複合開発「久太郎町プロジェクト」に着手した。イトキン大阪本社跡地に、東急不動産が259室のホテルと98戸の分譲マンションを建設し、ホテルは東急ステイが運営する。東急ステイにとって大阪初進出となる。ホテルは2019年度冬の開業、マンションは20年1月の竣工を目指している。

【外観イメージ(左・ホテル、右・マンション)】

(仮称)大阪市中央区久太郎町2丁目ホテル計画 (仮称)大阪市中央区久太郎町2丁目マンション計画

ホテル内のサービスをマンションの入居者も利用可能とすることで、ホテルライクな都心居住のライフスタイルを提案する。衣類のクリーニングや宅急便の取り次ぎなどを行うホテルのコンシェルジュ機能をマンション利用者も利用できるサービスや、ホテルをゲストルーム感覚で割引利用できるサービスなどを検討している。

ホテル「(仮称)大阪市中央区久太郎町2丁目ホテル計画」の規模は、S造18階建て延べ8997平方㍍。設計施工は不二建設が担当する。建設地は、大阪市中央区久太郎町2-24-1(地番)の敷地906平方㍍。中央大通沿いの敷地の北側に建設する。5月に着工し、2019年度冬に開業させる。

一方の分譲マンション「(仮称)大阪市中央区久太郎町2丁目マンション計画」の規模は、RC造15階建て延べ4958平方㍍。間取りは1DKから2LDK。設計施工は不二建設が担当する。

建設地は、大阪市中央区久太郎町2-24-3(地番)の敷地762平方㍍。3月に着工し、20年1月の竣工、20年3月の引き渡しを目指している。

土地はイトキンから17年3月15日に取得していた。

2018.02.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む