不動産Real Estate

不動産入札公告 / 京都

元教業小学校跡地活用の公募型プロポを公告/認可保育所など整備/京都市

2018.03.30

京都市は、「元教業小学校跡地活用」の公募型プロポーザルを公告した。同跡地(京都市中京区)の敷地5410平方㍍を全面的に借りて、子どもから高齢者まで集う施設としての活用を求める。応募書類を6月14日から20日に受け付ける。2018年度中に貸し付け契約を結ぶ。

【周辺図】

元教業小学校跡地活用

選定では、子どもから高齢者までが集う空間を創出する事業で、実現性が高いことや、10年以上60年以内の長期にわたって敷地の全面を活用した事業であることなどを評価する。また、既存校舎を改修または建て替えなどによって耐震性を確保することも必要だ。

整備する施設は、子どもが集う施設として定員80人の認可保育所と放課後児童健全育成事業を実施する事業所と整備する必要がある。一方、高齢者が集う施設では、高齢者の福祉や健康長寿に役立つ施設などの整備を求める。

対象地は、京都市中京区三坊大宮町121-2の敷地約5400平方㍍。用途地域は近隣商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が300%。敷地内には1932年に建築した南校舎(RC造地下1階地上3階建て延べ1325平方㍍)や講堂(SRC造平屋延べ351平方㍍)、57年に建築した北校舎(RC造3階建て延べ1052平方㍍)などが残っている。貸付期間は10年以上60年以内で提案させる。

2018.03.30

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む