不動産Real Estate

不動産共同住宅 / 大阪

淡路町と平野町の土地2500平方㍍を取得/サンキョウホームから/信和不動産

2014.08.07

信和不動産(本社・大阪府豊中市大島町2-1-29、前田裕幸社長)は大阪市中央区の土地約2500平方㍍をサンキョウホーム(大阪市北区西天満5ー2ー18、小川富士男社長)から7月31日に取得した。敷地は駐車場として使っていたが、すでに閉鎖している。信和建設の施工でマンションを建設するもようだ。

【敷地はすでに駐車場を閉鎖している】

信和不動産が取得した土地

敷地は大阪市中央区淡路町2-1と平野町2-35-1ほか。淡路町側は船場ビルディング、平野町側は田辺三菱製薬平野町1号ビルの東側に当たり、平野町ラガービルとホーコス伏見屋ビルの2棟を除く敷地が対象となる。用途地域は商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が600%となっている。

敷地はもともと田辺三菱製薬が所有していたが、2012年9月にサンキョウホームが取得、これを一括して信和不動産が7月末に購入した。信和不動産にとって過去最大級の大型開発となる。敷地は柵で覆われており、信和建設の看板が出ている。

2014.08.07

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む