官庁Authorities

官庁入札公告 / 大阪

出店事業者を公募/安満遺跡公園の民間施設導入エリアや旧京都大学附属農場本館/高槻市

2018.04.13

大阪府高槻市は、安満遺跡公園のうち、2021年に開園する民間施設導入エリアで公園利用者に飲食や物販、サービスなどを提供する店舗を出店する複数の事業者と、同公園内の歴史拠点施設である旧京都大学附属農場の本館でレストランを出店する事業者をそれぞれ公募する。いずれも応募書類を5月11日から15日に受け付ける。5月24日に審査し、事業者を決める。

【民間施設導入エリアと旧農場本館の位置図】

安満遺跡公園

民間施設導入エリアで店舗を出店する事業者は、市に公園使用料を納め、自己資金で建物を建てて、営業する。建物は2階建てまでとする。運営期間は20年以内で提案させる。対象地は南北が約15㍍、東西が75㍍の敷地で、駐車場の北側に位置する。

一方の旧京都大学附属農場の建物群では、歴史体験室、多目的スペース、レストラン、ガイダンス・休憩スペース、歴史展示室を設ける。レストランなどに使う本館は、市が改修した後、レストランとして事業者が工事を行って使用する。建物はW造1階建て延べ469平方㍍。事業者は、市に公園使用料を納め、レストランを営業する。運営期間は20年以内で提案させる。

対象地は高槻市八丁畷町。いずれも選定後、協議・調整を進め、工事・準備期間を経て、21年度から運営を始める。

安満遺跡公園の面積は全体で20・9㌶あり、19年春に一次開園、21年に全面開園を予定している。

2018.04.13

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む