経営Management

経営

大阪駅西、三ノ宮駅ビルの両開発は23年以降に開業/不動産業に2600億円を投資/JR西日本

2018.04.27

西日本旅客鉄道(JR西日本)は27日、2018-22年度を対象とした「JR西日本グループ中期経営計画2022」を公表した。設備投資計画では5年間で1兆2700億円を投資し、このうち4600億円を成長投資に充てる。セグメント別の投資内訳は不動産業が2600億円。線区価値の向上では、大阪駅西エリアと三ノ宮駅ビルの両開発を23年以降に開業させる。

【3月末に閉館した三宮ターミナルビル】

三ノ宮駅ビル

 

ホテル・商業ビル「三宮ターミナルビル」(神戸市中央区)は、「三宮ターミナルホテル」が17年12月に、商業施設「三宮オーパ」は2月末に閉店した。延床面積は約2万平方㍍。所在地は、神戸市中央区雲井通8-1-2。1981年3月に開業した。建物はJR西日本、三宮ターミナルビル、ジェイアール西日本ホテル開発が所有している。

2018.04.27

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む