経営Management

経営

26年度までに淀屋橋と京橋を拠点開発/グループ長期戦略構想を公表/京阪ホールディングス

2018.05.09

京阪ホールディングス(大阪市中央区)は、2026年度を目標年次とする「京阪グループ長期戦略構想」を公表した。沿線再耕、観光共創、共感コンテンツ創造を主軸戦略に掲げた。沿線再耕では、26年度までに淀屋橋と京橋の拠点開発を終えるとともに、中之島の開発を並行して進める。さらに天満橋の再開発と、中之島線延伸の実現をめざす。

【淀屋橋や京橋、中之島などで都市開発を進め、大阪東西軸を復権させる】

京阪グループ長期戦略構想

淀屋橋では、所有する「京阪御堂筋ビル」(大阪市中央区)を、北側に建つ「日土地淀屋橋ビル」と一体的に事務所、商業などの複合ビルに日本土地建物と共同で建て替える。敷地面積は約5000平方㍍。京橋でも駅ビルの再生計画を起爆剤に、大阪ビジネスパークや大阪城など周辺エリアを含めたまちの回遊性を高める。中之島では、再生医療拠点やアゴラ構想のある4丁目地区の開発計画を掲げた。枚方市駅周辺では、駅直結の社有地の再開発を18年度に予定する都市計画決定に合わせて本格始動させる。

観光共創では、京都駅前、四条河原町、三条の3拠点を開発する。三条駅前の「KYOUEN」跡地には、東山観光の拠点となる複合施設を整備、観光・商業機能とともに、エンターテインメント機能の導入も検討する。

2018.05.09

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む