民間Private

民間共同住宅 / 大阪

15階建ての賃貸マンション2棟を建設/平野町・淡路町の元田辺三菱製薬所有地/信和不動産

2014.08.12

信和不動産(本社・大阪府豊中市大島町2-1-29、前田裕幸社長)は、サンキョウホーム(大阪市北区西天満5ー2ー18、小川富士男社長)から7月31日に取得した大阪市中央区の土地約2300平方㍍に15階建ての賃貸マンション2棟を建設する。主体はワンルームで、総戸数は428戸。設計はIAO竹田設計(大阪市西区西本町1-4-1、金峰鐘大社長)、施工は信和建設(大阪市淀川区十三本町1-12-15、前田裕幸社長)が担当する。11月15日に着工し、2016年3月31日の完成を予定している。

【15階建て賃貸マンション2棟を建設する】

(仮称)スプランディッド北浜

敷地北の平野町側に「(仮称)スプランディッド北浜」(計201戸、うちワンルーム180戸)、敷地南の淡路町側に「(仮称)スプランディッド北浜DUE」(計227戸、うちワンルーム205戸)の計2棟を建設する。

(仮称)スプランディッド北浜の規模はRC造15階建て延べ9229平方㍍。建物高さは44・835㍍。建設地は大阪市中央区平野町2-35-1(地番)の敷地1080平方㍍。このうち632平方㍍を建築面積に充てる。

一方の(仮称)スプランディッド北浜DUEの規模はRC造15階建て延べ1万0338平方㍍。建物高さは44・835㍍。建設地は大阪市中央区淡路町2-1(地番)ほかの敷地1226平方㍍。このうち720平方㍍を建築面積に充てる。

【現在は工事に向けて地質調査を実施】

(仮称)スプランディッド北浜DUE

敷地は駐車場として使っていたが、すでに閉鎖している。現在は地質調査などを行っている。淡路町側は船場ビルディング、平野町側は田辺三菱製薬平野町1号ビルの東側に当たり、平野町ラガービルとホーコス伏見屋ビルの2棟を除く敷地が対象となる。用途地域は商業地域で、建ぺい率が80%、容積率が600%となっている。

敷地はもともと田辺三菱製薬が所有していたが、2012年9月にサンキョウホームが取得、これを一括して信和不動産が7月末に購入した。信和不動産にとって大阪市中心部での過去最大級の大型開発となる。

2014.08.12

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む