官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

商業施設・住宅、大学など10者と対話/長原駅前用地3・2㌶の市場調査/平野区

2018.06.29

大阪市平野区は、地下鉄谷町線の長原駅前用地の計約3・2㌶を活用するため、マーケット・サウンディング調査を実施し、10事業者と対話したことを公表した。商業施設・住宅、大学などの活用案があった。地域の賑わい拠点を形成することが目標で、活用アイデアや対象用地の魅力・課題、参加意欲、事業形態などを聞いた。

【敷地の位置図】

長原駅前用地

対象は、敷地約1万1000平方㍍のもと長吉長原東第3住宅跡地(大阪市平野区長吉長原東2-442ほか)、敷地約1万2000平方㍍のもと長吉長原東第3住宅跡地(大阪市平野区長吉長原東2-442ほか)、敷地約8900平方㍍のもと大和川小学校(大阪市平野区長吉長原東3-2-8)。

提案は、原則として全用地を対象とし、用地毎の購入または賃借のいずれも可能とした。賃借とする場合は、10年以上の期間の事業用定期借地権設定契約を想定している。

10事業者の活用案と活用用地は次のとおり(▽事業者=①活用案②活用用地)。

▽A=①商業施設・住宅・その他②3用地。

▽B=①商業施設・住宅②3用地。

▽C=①商業施設・住宅②2用地(ア-1、ア-2)。

▽D=①商業施設②1用地(イ)。

▽E=①商業施設・住宅・その他②3用地。

▽F=①商業施設・スポーツ施設・教育施設・その他②3用地。

▽G=①商業施設・住宅・その他②3用地。

▽H=①大学②1用地以上。

▽I=①大学・その他②1用地以上。

▽J=①病院②1用地(イの一部)。

2018.06.29

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む