官庁Authorities

官庁入札公告 / 滋賀

参加申し込みを17日まで受付/県立近江学園整備PPP・PFI手法導入可能性調査を公告/滋賀県

2018.07.02

滋賀県は2日、「滋賀県立近江学園整備PPP/PFI手法導入可能性調査業務」の公募型プロポーザルを公告した。参加申し込みを17日まで健康医療福祉部障害福祉課で持参または簡易書留によって受け付ける。企画提案書を18日までに提出させ、19日のプレゼンテーションを経て結果を通知する。

参加資格は、営業種目の大分類が役務、中分類が各種調査業務の登録など。予定価格は800万円(税込)。

業務は、自らが整備する従来型手法と、PPP/PFI手法を導入した場合との間で、費用総額などを比較し、最も適切な整備手法を検討するために調査する。整備後の面積は約7900平方㍍。具体的には業務は、前提条件などの整理、PPP/PFI手法導入可能性の検討、先行事例の調査、民間事業者の参入可能性の検討など。

検討対象施設の所在地は、滋賀県湖南市東寺4-1-1の敷地6万8044平方㍍。契約期間は2019年3月31日まで。従来型手法の場合、19年度に基本設計と実施設計を行い、20-22年度に建設、22年度に供用を始める。PPP/PFI手法の場合は、19-20年度に実施方針・要求水準の策定、20-22年度に基本設計、実施設計、建設工事を進め、22年度に供用を始める。

2018.07.02

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む