官庁Authorities

官庁入札結果 / 滋賀

146億円で協和エクシオグループ/環境施設整備・運営事業/守山市

2018.07.13

滋賀県守山市は、「守山市環境施設整備・運営事業」を一般競争入札し、146億円(税別)で協和エクシオを代表とするグループに決めた。アイテック滋賀支店と日建が構成企業を務める。予定価格は177億円(税別)だった。DBO方式を採用し、一般廃棄物処理施設を設計、施工、運営する。

【イメージパース】

守山市環境施設整備・運営事業

入札には、エスエヌ環境テクノロジーを代表とするグループ、大栄環境を代表とするグループ、三機工業を代表とするグループ、協和エクシオを代表とするグループの計4者が参加した。落札額の146億円の内訳は、建設費が67億円(税別)、運営費が79億円(税別)。

全連続焼却式ストーカ式の熱回収施設は、ごみを焼却し、無害化、安定化させる。規模は24時間当たり71㌧で、炉数は2炉。このほか、5時間当たり10・68㌧のリサイクル施設などを整備する。民間事業者は、事前、設計・施工、運営、運営業務終了後の引継などの業務を担う。

建設地は守山市立田町などの約2・5㌶。守山市環境センターの南側に位置する。履行期間は整備期間が2021年9月30日まで、運営期間が21年10月1日から41年9月30日まで。予定価格の内訳は、施設整備費が82億4000万円(税別)、運営費が94億6000万円(税別)の計177億円。

2018.07.13

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む