官庁Authorities

官庁 / 大阪

早期の開業をめざす/IR推進会議を開催/大阪府・市

2018.07.18

大阪府・大阪市IR推進局は18日、第8回目となるIR推進会議を大阪府庁(大阪市中央区)で開いた。大阪IR構想(案)の策定や課題・対策などを検討するため、公益財団法人大阪観光局理事長の溝畑宏氏を中心に議論している。第8回目の会議では、国の動向や、IR推進局の2018年度の取り組み、中核施設の検討となる大阪観光の現状の課題を議論した。

【会議風景】

IMG_2599

IR推進局は、IR(統合型リゾート)による日本経済のさらなる成長に向けて議論した。

2017年の訪日外客数の総数は2900万人で、政府は20年に4000万人、30年に6000万人増やす目標を掲げている。中でも、訪日客の4割が来阪しており、政府目標の実現のため、大阪府の果たすべき役割は大きい。

IRによる効果としては、近畿圏で、毎年の経済効果が6900億円、雇用創出効果が8300人と試算している。IRに伴い、国際的な観光拠点として整備することで、ビジネスチャンスの拡大やMICE施設の基盤を強化し、イノベーションや新産業の創出につなげるとともに、大阪・関西の強みを世界に発信することを狙いとしている。また、訪日外国人の増加により、関西・伊丹・神戸の3空港の機能強化と連携拡大や地下鉄中央線延伸、JR桜島線延伸、京阪中之島線延伸、なにわ筋線開通、大阪湾内高速艇や瀬戸内クルーズなど海路などの交通ネットワークも整備する予定だ。

日本の経済成長と「観光先進国・日本の実現のため、早期のIR開業が必要である」とした。

2018.07.18

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む