経営Management

経営マーケット /

短期は楽観派が4割も中長期は悲観派が逆転/ビルオーナーの実態調査を公表/ザイマックス不動産総合研究所

2018.10.25

ザイマックス不動産総合研究所(東京都千代田区)は、25日、レポート「ビルオーナーの実態調査2018」を公表した。大阪市を除く全国政令指定都市19都市を対象に、賃貸ビル事業の経営実態、今後の見通しや方向性などをアンケートとヒアリングで調査した。

ビルオーナーは、60歳以上が6割超を占め、ビルの保有棟数は1-2棟だった。保有するビルは全体の約半数が1000平方㍍未満のビルで、築20年以上が保有ビルの7割となっている。

賃貸ビル事業の魅力は「安定収入の確保」が8割を超えた。3年程度先の短期的な見通しは楽観派が40%、悲観派が17%なのに対して、5-10年先の中長期的な見通しは楽観派が23%、悲観派が36%と逆転した。今後の賃料収入の低下や築古に伴う修繕、維持管理費の増加を不安と感じていることが明らかになった。

2018.10.25

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む