不動産Real Estate

不動産交通関係 / 京都

カンソーに決まる/伏見郵便局南側用地の事業者公募/京都市

2018.10.26

京都市は、同市が保有する伏見郵便局南側用地(京都市伏見区)の敷地約930平方㍍を時間貸しや月極などの自動車用駐車場として活用できる事業者を公募し、カンソー(大阪市西成区)に決めた。提案使用料は、年間601万2000円。4者が応募していた。

【公募した敷地の位置図】

伏見郵便局南側用地

敷地は、現在駐車場として活用しているが、12月31日で現事業者との契約が満了するため、改めて活用事業者を公募した。事業の対象期間は2019年1月1日から24年12月31日までの6年間で、目的外使用許可の許可期間は3年ごととし、事業対象期間中に目的外使用許可の更新をする。最低使用料は年額344万9335円(非課税)としていた。

所在地は、京都市伏見区桃山町真斉、撞木町地先。敷地では、近鉄伏見駅前駐車場として使っている。

2018.10.26

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む