経営Management

経営 / 大阪

未来アイデアを公募/23年春開業のうめきた地下駅が対象/JR西日本

2018.11.15

西日本旅客鉄道(JR西日本)は、2023年春に開業予定の新駅「(仮称)うめきた(大阪)地下駅」で、今までにない未来感を感じ、利用者がわくわくするアイデアを公募する。2019年1月13日まで募集し、19年3月上旬に結果を発表する。優秀アイデア候補の提案者によるプレゼン発表会も実施する予定だ。

【工事が進む東海道線支線地下化・新駅設置】

(仮称)うめきた(大阪)地下駅

A(エイス、東京都港区)が運営するアイデア募集プラットフォーム「Wemake(ウィーメイク)」を活用して募集する。目指す方向性は、海外からのお客様に対して、「大阪らしさ、関西らしさ」を感じてもらえ、「おもてなし」を提供することに加え、駅や周辺エリアに「さらなる賑わい」を生み出すことができるサービスのアイデアや、「未来の駅」にふさわしく、新しい技術やコンテンツにより、「利用者一人ひとりのニーズにお応えする」ことや、従来の駅の「不必要なモノ・不便を解消できる」ことに加え、変化し続ける環境や時流に合わせて「提供する内容が変化し続ける」ことができるサービスのアイデアを求める。

賞金は最優秀賞が100万円、優秀賞が60万円、特別賞が40万円。JR西日本は、「(仮称)うめきた(大阪)地下駅」を3月に公開した「JR西日本技術ビジョン」の具体化に挑戦する未来駅と位置づけている。

2018.11.15

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む