不動産Real Estate

不動産店舗 / 大阪

阿波座の土地約1700平方㍍を取得/既存ビルの解体に着手/日本商業開発

2014.09.03

日本商業開発(本社・大阪市中央区今橋4-1-1、松岡哲也社長)は大阪・阿波座の本町通沿いにある土地約1700平方㍍の信託受益権を、エフアンドケイから3月末に取得した。取得したのは、飲食店などの入る「KMビル本館」や「KMビル別館」、東側の月極モータープールの敷地。駅近接の立地を生かし、商業施設を開発するとみられる。

【現場は本町通に面し、阿波座駅からすぐの好立地】

大阪市西区西本町3

敷地は新なにわ筋と本町通の交差する角地。S造4階建てのビルや立体駐車場の解体工事「(仮称)西本町解体工事」を始める。施工はタイセイ開発(堺市北区百舌鳥陵南町3-164、中川国治代表)が担当する。工事は11月28日までに終える。

所在地は大阪市西区西本町3-71ほか。敷地の東側には大宮商会のビルがあるが、閉鎖されており、さらにその東の駐車場「パークステーション24西本町」も8月末で閉鎖した。これらの土地は個人が保有しているが、解体後に一体開発される可能性もある。

2014.09.03

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む