民間Private

民間教育 / 大阪

旧交通科学博物館跡地にスポーツエリアなど整備/テニスとボルダリング設備が19年2月に開業/JR西日本ら

2018.11.30

西日本旅客鉄道(JR西日本)とJR西日本不動産開発は、大阪環状線弁天町駅の旧交通科学博物館跡地(大阪市港区)に、スポーツエリアとイベントエリアで構成する「べんてんひろば」を開業させる。スポーツエリアはテニスとボルダリングが可能で、2019年2月1日から21年まで営業する。

【べんてんひろばの位置図】

べんてんひろば

ITC(神戸市長田区)が運営するスポーツエリアは、ナイター照明を備えた屋外人工芝コート2面と、高架下に高さ約5㍍、横5㍍のボルダリングウォールを設ける。営業時間は午前9時から午後11時まで。イベントエリアでは、フリーマーケットを月3回程度開催する。また、敷地の南側には175台分のコインパーキングを設ける。

交通科学博物館は14年4月に閉館、展示していた鉄道車両は大部分が京都鉄道博物館に移設した。

2018.11.30

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む