不動産Real Estate

不動産入札結果 / 大阪

大阪健康福祉短大の一部が機能移転/旧高倉台西小跡地にみどり学園が進出/堺市

2018.12.06

堺市は、「旧高倉台西小学校活用事業」の公募型プロポーザルを実施し、学校法人みどり学園(堺市西区)に決めた。同者のみが応募していた。2015年3月に閉校した旧高倉台西小学校の跡地約2・2㌶に、同学園が運営する大阪健康福祉短期大学(堺市堺区)の介護福祉学科の機能を移転するとともに、外国人留学生を受け入れる課程を新たに開設する内容を提案した。2022年春ごろの開校を目指している。

【みどり学園が提案した主な施設配置】

旧高倉台西小学校活用事業

大阪健康福祉短期大学を中心とした教育、交流、防災機能を備えた拠点「シェアタウン泉ヶ丘ネクスト(仮称)」として整備する。低層木造郡で街とフラットにつながることをテーマとする。具体的には2階建てで診療所やアンテナショップ、多目的コミュニティスペースなどを備えた学校ゾーン、木造2階建ての学生寮、研究活動・居住ゾーン1、木造平屋の研究活動・居住ゾーン2、カフェ食堂や図書コミュニティなどの地域開放ゾーン、お祭り広場、わいわい広場、駐車場を整備する。

【敷地の位置図】

旧高倉台西小学校活用事業

敷地の所在地は、堺市南区高倉台1-1-1ほかの敷地2万2464平方㍍。内訳は校舎側敷地が1万7421平方㍍、プール側敷地が5043平方㍍。用途地域は、第1種中高層住居専用地域で、建ぺい率が60%、容積率が200%。敷地内にはRC造3階建ての校舎などが残っている。最寄駅は泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅。借地料は月額約330万円。

土地は、堺市が事業用定期借地権を設定し、事業者に貸し付ける。既存建物の除却費用は事業者の負担とする。貸付期間は30年以上50年未満の期間内で、提案させた。19年1月に基本協定を結び、19年度後半に定期借地権契約を締結する。

2018.12.06

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む