官庁Authorities

官庁入札結果 / 大阪

95億円で錢高組・大鉄工業・藤木工務店JVが落札/新美術館の施工者決まる/大阪市

2018.12.07

大阪市は、WTO対象の「(仮称)大阪新美術館建設工事」を一般競争入札し、94億8800万円(税別)で錢高組・大鉄工業・藤木工務店JVが落札した。同美術館の正式名称は「大阪中之島美術館」。2019年3月上旬に本契約を結んだ後、工事を始める。開館は21年度を目指している。

【(仮称)大阪新美術館の完成イメージ】

(仮称)大阪新美術館

入札には、奥村組、熊谷組、竹中工務店、松村組、錢高組JVの5者が参加、初回の入札では辞退した奥村組と熊谷組を除く3者が応札したが、いずれも予定価格を上回った。2回目の入札では松村組が辞退し、竹中工務店が94億9000万円(税別)、錢高組JVが94億8800万円(同)で札を入れた。予定価格は95億4029万3000円(税別)だった。

工事種別は新築工事のほか、屋外工事、とりこわし工事。主要用途は美術館、店舗、駐車場で、基礎免震を採用する建物の規模はS造5階建て延べ2万0012平方㍍。内訳は、美術館棟が1万8566平方㍍、駐車場棟が1420平方㍍、ごみ置場が25平方㍍。

設計は公募型設計競技で最優秀案となった遠藤克彦建築研究所(東京都品川区)が担当した。建設地は、大阪市北区中之島4-32-14の敷地1万2874平方㍍。工期は21年6月30日まで。

2018.12.07

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む