民間Private

民間宗教 / 京都

京都・四条河原町で寺院とホテルの複合施設が着工/20年秋の開業めざす/浄教寺と三井不動産ら

2019.02.21

宗教法人浄教寺(京都市下京区)と三井不動産(東京都中央区)、三井不動産ホテルマネジメント(東京都中央区)は、京都市下京区に計画していた寺院とホテルの複合施設「(仮称)京都浄教寺ホテル計画」を着工した。浄教寺が所有する土地に建物を建設、客室数167室のホテル部分は竣工後に三井不動産が賃借し、三井不動産ホテルマネジメントがホテルを運営する。ホテルの開業は、2020年秋を目指している。

老朽化している伽藍の再建を、寺院とホテルの一体開発によって実現する。1階の一部に寺院が入る。建物の規模は、S一部RC造地下1階地上9階建て延べ6885平方㍍。ホテルは客室のほか、レストランや大浴場を備える。

設計施工は熊谷組関西支店(大阪市西区)が担当している。建設地は京都市下京区貞安前之町620ほかの敷地1323平方㍍。阪急京都本線の河原町駅から徒歩1分に位置する。

2019.02.21

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む