経営Management

経営マーケット /

警備ロボットを導入/三菱地所の大丸有地区のビルが対象/綜合警備保障など

2019.03.05

綜合警備保障(東京都港区)は、三菱地所(東京都千代田区)が大手町・丸の内・有楽町(大丸有)地区に所有・運営管理するビルに、警備ロボットを導入する。スタートアップ企業のSEQSENSE(東京都渋谷区)が開発した自律移動型のロボットを適用する。綜合警備保障の警備ノウハウを提供し、きめ細かい対応が可能なロボットの開発を支援し、常駐警備の効率化につなげる。2019年内にロボットの運用を始め、20年には大丸有地区の多くのビルに導入することで、ロボットを活用した次世代型の警備システムを確立する。

【SEQSENSEが開発した警備ロボ】

SQ-2

自律移動性に優れたSEQSENSEのロボット「SQ-2」と、コミュニケーション機能が充実した綜合警備保障のロボット「REBORG-Z」を組み合わせて運用する。綜合警備保障、三菱地所、SEQSENSEの3社が協力し、将来的には外部への提供も視野に入れている。

2019.03.05

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む