不動産Real Estate

不動産宿泊 / 大阪

大阪・曽根崎に1500室超の超高層ホテルを計画/敷地3200平方㍍を2月末に取得/アパホーム会員専用

2019.03.14

アパホーム(金沢市)は、大阪・曽根崎の新御堂筋に面した駐車場敷地約3200平方㍍を2月末に取得した。31階建ての超高層ホテル「(仮称)アパホテル&リゾート〈梅田駅タワー〉」を開発する。客室数は1500室超で、同社にとって西日本で最大規模となる。2022年末の開業を予定している。

【大阪・曽根崎に1500室超のホテルを開発する】

(仮称)アパホテル&リゾート〈梅田駅タワー〉

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2019.03.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む