民間Private

民間共同住宅 / 大阪

水桜会館跡地開発は12月上旬に着工/設計は聖建社建築事務所、施工は松村組/サンヨーホームズ

2014.09.19

サンヨーホームズ(本社・大阪市西区西本町1-4-1、田中康典社長)は大阪市都島区の「大阪市水道局水桜会館」跡地に建設する店舗付き分譲マンション「(仮称)桜ノ宮駅前PJ」を12月上旬に着工する。現在は既存建物の解体工事を進めている。新築工事の設計は聖建社建築事務所(大阪市西区京町堀1-11-1、今田晃一代表)、施工は松村組が担当する。2016年9月下旬の完成を予定している。

【解体工事が進む水桜会館跡地】

水桜会館跡地

マンションの規模はRC造15階建て延べ2万5321平方㍍。建物高さは44・64㍍。住戸はファミリー向け290戸程度。建設地は大阪市都島区中野町5-1-4(地番)。住居表示は5-2-28。敷地面積は6973平方㍍で、このうち3450平方㍍を建築面積に充てる。開発区域の面積は全体で7567平方㍍となっている。

【公募プロポーザル時にサンヨーホームズが提案した完成パース】

gazou

敷地は大阪市水道局が売却に向けてプロポーザル方式で事業予定者を公募、4者の応募者から1月にサンヨーホームズを特定した。提案価格は23億6550万円だった。

2014.09.19

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む