経営Management

経営事務所 /

大阪の空室率は最低値を更新/全国13都市のオフィスビル市場動向/CBRE会員専用

2019.04.23

CBRE(東京都千代田区)は23日、全国13都市のオフィスビル市場動向(2019年第1四半期)を公表した。大阪グレードAの空室率は、0・5ポイント低下の0・5%となった。大阪オールグレード空室率も0・4ポイント下落の1・3%で、1993年の調査開始以来の最低値を更新した。「スペース不足のため、グレードの低いビルも物色される動きが目立つが、それでもテナントが必要なスペースを確保するのは難しい状況」(大上英男シニアディレクター)で、拡張ニーズの受け皿としてコワーキングスペースに対する関心が高まっているという。

【大阪のオフィスビル市場動向】

大阪のオフィスビル市場動向

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2019.04.23

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む