経営Management

経営

万博・IR関連や上本町ターミナル再開発などに注力/長期目標と中期計画を公表/近鉄グループホールディングス

2019.05.14

近鉄グループホールディングス(大阪市天王寺区)は14日、15年後の長期目標と、今後5年間の事業計画を定めた中期計画を合わせて公表した。重点戦略として、万博・IR関連事業、上本町ターミナル事業、伊勢志摩地域の活性化事業を新3大プロジェクトに掲げた。万博・IR関連事業は、夢洲と近鉄線を結ぶ直通列車による沿線へのアクセス網の整備や、夢洲でのグループ各社の事業参画を、上本町ターミナル事業では、国内外の利用者に対応し、交通・観光情報拠点を目指すターミナル再開発を検討する。

鉄道事業は、大和西大寺駅、生駒駅など沿線主要駅の整備や、生駒山上遊園地の再整備などを掲げた。不動産事業は、不動産投資マネジメント事業への参入や、宿泊特化型ホテル事業の灘波、上本町、奈良などでの展開、収益物件の開発、物流施設、再開発事業の展開などを進める。

2019.05.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む